アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「詐欺」のブログ記事

みんなの「詐欺」ブログ


競馬予想エックス(競馬予想X)の詐欺被害者はいない…

2013/02/08 12:33
現状、競馬予想Xによる詐欺被害者は存在しないという可能性が高いと思われます。

これはこれまでの調査に基づく結論であり、現在の結論という事になります。

今後の調査でこの結論が覆る事もあるかもしれませんので、引き続き調査を継続していこうと思います。

なぜ競馬予想Xという競馬予想サイトに詐欺被害者が存在しないのかと現段階で結論づけをしたのか?

通常の悪徳競馬予想サイトは、インサイダー情報をもちいて予想を出すと会員に対して公表をしています。

馬主・調教師・騎手・厩務員等の競馬に携わっている人から、普段新聞や雑誌等のマスメディアでは入手が絶対にできない情報を入手しているという形で、利用者に情報提供をして情報料を取っています。

マスメディアが入手する事ができない情報とはどのような情報なのでしょうか?

こうしたサイトは陣営の思惑という単語を用いてきますが、競馬関係者は八百長があると匂わせる発言をしただけでもJRAから処罰をされますから、マスメディアが入手できないような情報があったとしても他者にもらす事はないと考えます。

そう考えると最初からそんな情報はなく、嘘であると考えるのが自然です。

ですので、インサイダー情報を扱っている競馬予想サイトは全てでっち上げの情報を利用者に対して売りつけていると判断できます。

しかし、これまで競馬予想Xという競馬予想サイトを調査してきていますが、これまで一回もインサイダー情報を仕入れたという案内は来ておりません。

逆にサイトのトップページにはインサイダー情報なるものはないと、その存在を否定しています。

これらから競馬予想Xでは、単純に競馬予想を利用者に対して提供していると判断をしています。

悪徳競馬予想サイトのようなでっち上げの予想を提供しているわけではないと判断できます。

現在の所、競馬予想Xは、競馬場やWINS周辺にいる予想屋とスタンス的には変わらないと思われます。

以上の事から、悪徳競馬予想サイトのように詐欺被害をこうむっている人はいないという事が考えられます。

冒頭に記載した通り、これはあくまで現在の評価ですので、今後これが変わるのかそれとも変わらないのかわかりませんが、引き続き調査を行っていこうと思っています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


競馬予想エックスは詐欺サイト?競馬予想X

2012/05/13 15:29
競馬予想エックスの動向を調査しているブログです。

このブログを立ち上げてからしばらくたちますが今だ利用者からのコメントを頂いた事がありません。

実は私は、数多くの競馬予想サイトに登録しており、登録したサイトは必ず有料予想に参加しています。

中には法外な価格で予想を売りつけてくるサイトもありますが必ず1度は参加します。

その中で競馬予想エックスは過去に3回有料予想を利用しました。

3回中1回は提供2レース全て不的中。

1回は、提供2レース全て的中であったがプラスマイナス0

1回は、提供2レース中1レース的中で4万円台の配当が的中したので大幅プラスという結果です。

他サイトも利用していますので、競馬予想エックスばかり利用できませんが、今のところ的中があり尚且つ万馬券が的中したのはこのサイトのみです。

私の他にも利用したという方はぜひともコメントをお寄せ下さい。

今週はヴィクトリアマイルですね。

この時間のオッズでも単勝1番人気のアパパネが4倍台のオッズという事はかなりの混戦であると思えます。

どの馬がきてもおかしくなさそうなので、個人的に穴狙いで馬券を購入したい所ですが、ちょうど今から出かける予定なので、今週は断念しておきます。

来週のオークスでは馬券を購入したいものです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


競馬予想X(エックス)詐欺かの検証

2012/02/24 12:49
競馬予想X(エックス)詐欺かの検証は今後もし続けていきたいと思います。

今週の中山記念の枠順が確定したようです。

1番人気が予想されるトゥザグローリーは大外11番。

2番人気が予想されるレッドディヴィスは5枠5番という事になります。

その他の上位人気が予想されるリアルインパクトは2枠2番。

フェデラリストが3枠3番という枠になります。

トゥザグローリー以外の人気馬が全て内枠という結果になりましたが、今回の中山記念は出走頭数自体が11頭で、大外枠のトゥザグローリーでも馬番は11番です。

これは通常の16頭立てのレースですと、真ん中からやや外目程度の枠ですので、今回の中山記念は内と外でそれ程有利不利はできないようなレースになるのではないでしょうか?

トゥザグローリーはこの春はドバイシーマクラシックへと招待されていますので、天皇賞(春)には向かわずにドバイ遠征になります。

中山記念はドバイ遠征の叩き台のレースになります。

海外GT制覇に向けて国内のGUでは負けていられないというのが陣営の本音ではないでしょうか?

トゥザグローリー自体は個人的には2000m〜2400mがベストな距離であると思っているので、今回のドバイ遠征は大賛成です。

昨年は天皇賞(春)で1番人気に支持されていますが、惨敗してしまっているのでやはり長距離はあまり向いていない気がします。

冬場に良い成績を残しているので今回もあっさり圧勝という事も考えられるのではないでしょうか?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「詐欺」ブログ

競馬予想X口コミ&レビュー!評判や評価を検証 詐欺のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる